高司農園の梨の品種は、築水から、真夏の瑞々しい梨で有名な幸水・豊水、まだ名前が付いていなく甘み多いpg3梨、熊本の荒尾で有名な新高梨、全国的にも、その大きさでめずらしいあたご梨と多種にわたり栽培しています。美味しい食べ方としては、やはり収穫してすぐの梨が最高です、当観光農園では朝取りの梨を試食用に沢山冷やしてお客様に、無料で食べていただいています。また、送りの梨はクール宅急便を使い、収穫後成るだけ早くお客様にお届けしています。九州の梨の特徴は、甘みが関東物より多い用です。日照時間の長さや温度が高い分高い糖度が実現しています。。

▼品種について
梨の生育状況
▼農園のこだわり

愛宕梨

新高梨

幸水梨

新興梨
昨年の梨の写真です。クリックしら大きくなります。



梨生育状況

こちらは、幸水。まだまだ大きくなります。熟れるのは、8月の上旬から中頃にかけて・・。もう少し・・・。

こちらは、築水という品種で、当園で一番最初に熟れる品種、7月の下旬頃には熟れます。
もう少し大きくなります。
若干小振りだけど、初梨の味は格別です。

梨も袋掛けが終わりました。

梨も品種により、いろんな袋をかけます。
2重になった袋や、中が黒い袋など目的にあった袋をかけます。

梨の袋かけ直前の状態、こちらも急いで袋をかけないといけません。

これは、洋なしです。まだ他にも変わった色をした洋なしがあります。まだまだ、幼果で早くても食べられるのは、八月・九月です。

梨の実の適果作業中、沢山落とさないと大きい実に育ちません。

梨の実が、随分と大きくなりました。

梨の実が大きくなり、始めました。

 梨の花は、とってもきれいです。ミツバチも沢山来ます。




品名 コメント
築水 高司農園で一番最初に熟れる梨です。7月の下旬頃、特徴は、熟すると琥珀色に熟れます。玉は中位、初物の露地梨いかがですか・・。
幸水 8月の旧お盆に、間に合うか間に合わないか位に熟れます。豊水とともに、瑞々しさでは、一番です。
豊水 9月上旬ごろ、幸水より大玉で、熟れます。農園の天然のジュースを口一杯ほおばってください。
PG3(苗木育成中) 豊水と同じ時期にうれます。この梨はまだ名前が付いていません。しかし、おいしさは格別です。べたべたするほどの甘さがあります。
新高 10月の上旬に熟れる梨で、熊本荒尾梨で有名です。シャリシャリ感と、独特の甘さは格別です。
新興 10月中旬に熟れる梨で、少々小玉ですが味は格別、豊水・幸水似のジューシーさです。
愛宕 11月上旬に熟れます。この梨はでかい。。、また、寝かせれば寝かせる程美味しくなる梨、収穫してすぐ食べても、新高梨に似ておいしいけど、年開けて1月や2月の頃は、もっと美味しい。
戻る











直線上に配置